iPhoneはiPhone4から爆発的に販売数が増えていることも有り、各社ともケースの販売が増えています。iPhone用のケースは他のスマートフォンのケースを再利用出来る場合もありますが、iPhone専用として多数の種類が販売されているので選択に困ることはほぼないと言われています。

iPhone6sの価格が最近話題になっています。

iPhone用のケースは大きく分けて3つあります。

1つはデザインにこだわったもの、2つ目は防水など機能面にこだわったもの、そして3つ目がバンパータイプなどの簡易的なケースです。

デザインにこだわったものについては液晶を保護しないバックタイプを中心に多くなっていますが、基本的にはケースというよりも裏蓋を追加する感じが多いようです。



対して防水や耐衝撃性能を上げているケースについては全体を覆うタイプが多く、ごついタイプのケースが多いようです。



そして、バンパータイプなど簡易的なケースはデザイン面、手で持つときの補助としての役割に重点が置かれる事が多いようです。

どのタイプのケースも十分な能力があるのですが、最近増えているのがICカードなどへの対応です。

スイカなどを利用できないこともあり、スイカを同梱できるタイプのケースが増えています。
また、おサイフ携帯の代わりに各種電子マネーカードを入れておく方も増えているようです。ケース会社としてもカード対応は進めており、ケースを薄くしてもカードを適切に収納できるタイプが人気となっています。