これまでの携帯電話は、ボタンを押しながら操作をしていくので見た目にも分かりやすかったものです。

けれども最近流行のiPhoneに乗り換えてみた人は、まずそのシンプルな本体の形状そのものに驚く人も少なくありません。
画面は平らになっているので、どこをどう触ればいいのだろうと思うわけです。

箱の中に入っているのは本体に充電器、イヤホンなどの最低限の付属品に、ちょっとした説明書のようなものが添付されているぐらいです。

お店でデモ機を触っていたのであれば、感覚的にこうしたらいいのかなと言うのも分かるかもしれません。
ショップで持ち帰る前に説明をしてもらう人もあれば、自宅でじっくり触ろうという人もいるでしょう。

あなたのご要望に応えるiPhone6s情報をピックアップしたサイトです。

基本的には画面にタッチしていろんな操作をしていくのがiPhoneです。

納得のiPhone6sのスペックのクチコミ評価が高いです。

最初のうちは画面を触るという感覚に慣れずに戸惑うかもしれませんが、ボタンのように見えるアイコンを触ってみましょう。


使っているうちに携帯電話と同じような感覚になってきます。


iPhoneの細かい設定を直したいときには設定のアイコンもあります。

目的別のiPhone6sの価格の有益な情報をお届けします。

歯車の絵がありますのでそれを触りましょう。
電話をするなら受話器のマークです。

そう考えると、従来の携帯電話と同じと思えるか、やはり以前のものの方がいいのかと考えるのはその人次第になりそうです。いろんなアプリをダウンロードして自分なりにカスタマイズも出来ますので、少しずつ触りながら慣れていってみて下さい。