iPhoneとマックでのファイル共有にはitunesで行う場合と他のクラウドサービスを利用する方法があります。
音楽や動画、PDFなどの共有ならitunesを利用するのが簡単ですが、離れている場所でファイル共有するならクラウドサービスを利用するのが簡単です。


クラウドサービスは数GBから数十GB程度無料で提供されていることが多く、多くの方の利用方法なら無料で十分使えると言われています。

ただし、音楽や動画については転送時間を考えるとitunesで事前にiPhoneにコピーしておくほうが簡単です。
PDFや画像、WORD文書などはクラウドにあるととても便利です。


特にPDFについてはiPhoneの標準機能で視聴できますのでクラウドにあるファイルもすぐにダウンロードしてきれいな状態で見ることができます。また、画像やテキストについてはアプリによっては修正した状態でクラウドのファイルと同期する機能がついていることが増えています。

また、ファイルを更新してその状態をどんどん保存してくれますので数時間前のファイルにも戻れる利点もあります。

iPhone6sをわかりやすく説明しています。

ただし、無料枠の場合は過去のファイルに戻れる範囲が制限されていることもあるので注意が必用ですが、テキストや画像の修正をiPhoneで臨時で行って自宅でPCやマックで再修正するような使い方をする方にはとても便利な方法です。

iPhone6sの機種変更の情報といえばココです。

ファイル共有はUSBメモリなどで行う方も多いですがクラウドはとても手軽で利用者が急増しています。

iPhone6sのサイズが評判になっています。